大阪で会場のオープンに行きました

  • 2017.06.18 Sunday

大阪に行ってきました。

 

大阪は昨年10月にJR大阪駅近くに会議室

アットビジネスセンター大阪梅田」をオープンしま

したが人気急上昇で、5月のリピート率ランキング

では全国1位という高評価の会場になったのです。

 

 

そして今回はさらに大型の会場「アットビジネスセンタ

ー大阪本町」(大阪国際ビル)のオープンです。

この会場は大阪ではだれもが知るランドマーク32階建て

高層ビル大阪国際ビルの16階と17階にわたり

12部屋8人〜144人までは入れる大型会場です。

 

会議室事業のポイントはリピート率です。

どんな事業にもコツが必要で、このコツをつかんだ

人(会社)は成功します。

会議室事業って何?と聞かれたなら

私は会議室事業は一見するとストックに見えない

ストックビジネスだと答えます。

 

ストックビジネスかどうかの見極め部分はリピート率

を知ることです。

なんと当社のリピート率は70%を超えていて

間違いなく業界最高水準。

60%は必至目標ですから結果的には極めて高稼働。

 

 

新しい試みを継続していくチューニングによって

毎年稼働を上げ続けて来ました。

 

 

毎回新会場ではテストを行うのですが、

今回のABC大阪本町(大阪国際ビル)では

 

壁全面がホワイトボードの部屋(ブレストルーム)や

 

吸音する壁の部屋(インタビュールーム)などアイデア

満載です

 

そしてなんといってポイントはラウンジの規模です。

来場客早く来ても安心できる席を用意しました。

 

ちょとした事務作業ができるプレワークデスクも完備

 

 

会議室は普通に使えて当たり前。

 

 

でも、じつは利用が終わるまで主催者は不安です。

この不安を解消するのが現地でサポートする当社

スタッフのメンバーです。

場所、設備、価格、安心の4拍子揃ったときに

リピートが増えるんです。

 

会議室経営のコツはこれでした。

この4拍子をどうやってそろえるか・・・・

 

百聞は一見に如かず

 

ぜひとも一度大阪へお越しください。


大阪 新会議室オープン 進化の始まり

  • 2016.11.28 Monday

今日は貸し会議室というビジネスモデルの話をします。

 

こんなの商売になるんですか?

 


こういう質問が以外に多い。
たしかにわかりづらいビジネスモデルです。

 

先週、
大阪の駅前一等地に最新型の会議室を作りました。

11月22日オープン
「アットビジネスセンター大阪梅田」です
http://abc-kaigishitsu.com/osaka/umeda/


会議室ビジネスは今変化を迎えています。
そもそもこの事業を9年前に始めた頃は

サブプライム問題真っ只中で企業も利益を
確保するために経費削減に必死な時期で、
固定費を減らす一環で必要以上の会議室を
社内に持たずに使うときにだけ借りるニーズ
が出始めた時です。


その後にリーマンショックがありこの流れは
続きます。


そして、
ここ最近は貸し会議室も増えてきて、価格、場所、
グレードで選ばれるようになっています。


今回の大阪初進出にあたっては、アットビジネス
センターの全てのノウハウを投入していますが
駅前でありながらリーズナブルとハイグレードを実現。
かならず「また使おう」と言っていただけるサービス
レベルにこだわって、そのように作り込んでいます。


ホテルと公共施設の中間のポジションが貸し会議室
ですが、「アットビジネスセンター」は駅前会議室という
ポジションです。
利用方法は、会議30%、セミナー30%、面接他40%
じつは、会議室といいながら純粋な会議は30%なんです。

ご利用企業は、大手中堅企業が50%以上、セミナー
等は個人事業の方も多い。

会議室ビジネス、すこしイメージできましたでしょうか?


さて、先週オープンの大阪会場は、
オープニングで大幅割引キャンペーンも行って
いますので、ぜひ見ていただきたい。
http://abc-kaigishitsu.com/osaka/umeda/

 

【大阪梅田会場の特徴】
とにかく益に近くて、安くて、綺麗で、安心です。

◆モダンな大型ラウンジと訓練されたサービス
担当が常駐しています。

◆大小様々な部屋を用意して、あらゆる利用
シーンに対応できるようにしました。
人数は4人から84人まで10種類。
特にパーティ対応の部屋は利用シーンに合わせ
照明の調整も簡単にできます。
大部屋には音響もしっかりしたものを導入。
◆自由に使えるおしぼりも用意。

◆お客様からの声を徹底的に反映して、持ち込み
で軽食ができる専用コーナーや、急遽資料編集作業
なども可能な専用机と複合機があります。

最後に新しいビジネスモデルの紹介です。

あなたの会社の会議室からお金が生み出される仕組みを
ご存知ですか?
アットビジネスセンターの運営ノウハウが生み出した
ビジネスモデルが「シェア会議室」
http://www.share-kaigi.com/owner/

 


会議室ビジネスはストックビジネスの一種です。
経営のポイントが知りたい方はこちらをご覧下さい。

 

Amazon新刊 大竹啓裕 著

 ストックビジネスの教科書プロフェッショナル

 


パエリア世界大会に行くもと従業員。頑張れ。

  • 2016.07.16 Saturday

【また天才が生まれた パエリアコンテスト世界大会】
アットビジネスセンターという事業は難産でした。
 
土日休みの会社が、いきなり休日なしの夜も毎日遅い

サービス業を始めることになり、一番の課題は、社内で

やりたい人がいなかった事、今では主力事業ですが当時

は途方にくれながら、計画を進めていた。
 
そんな一番大変な初期をささえてくれたのが飲食業仲間

の 川口 勇樹さんです。
それから、軌道に乗って今に至るんです。
 
彼はその後、飲食業界に戻り高円寺の住宅街に小さな

レストラン「アノカド」を開店。
そんな彼が今年、パエリアコンテストで日本一になり、

日本代表で本場スペインで世界大会に出場します。
http://anocado.com/category/paella-world/
かっこいいなあ。。そんな彼を私も応援します
 
  
いままで、いくつもの事業を作る中で、夢を現実にする

ときにはかならず人が現れます。
そして、去っていくこともありますが、その後にみな

大成功している。才能の縁。そして、今もその縁が広

がり応援出来る強い仲間になる。
 
どうしてあの時に彼が?彼女が?の連続。
本当に不思議ですが、感謝しています。


不動産オーナー様向けセミナー開催します

  • 2014.10.15 Wednesday

10月23日(木)14:00〜17:00
【不動産オーナー様向けセミナー開催します】

不動産関連業の色々な会社さんと、相続税増税へ
向けた不動産活用についてのセミナーです。

 

最近、中ちゃん成長日記とか一見不動産業とかけ離れた
ことばかり書いていますので
宗旨替えしたかと思われているかもしれませんが、
私は生涯オフィスビルの活用とオフィスを使った起業支援に全てを賭け、
起業支援は死ぬまでシステム完成を追求していきます。
起業支援はインスクエアの一部ですから
だからインスクエア入居者の中ちゃんは絶対に失敗させる
わけにはいかないんですね。
一切ブレて居ません。
 

という訳で、
私も相続対策不動産セミナーでオフィスビルの有効活用を話します。
http://www.ao-pm.jp/seminar_test.html

この不動産チームは上場企業から当社のうなニッチベンチャーまで
各分野のプロ集団で、ほんとうにすごいメンバーです。
相談すればほとんど解決できるノウハウがあります。

 

相続税増税への最終チェック・借地問題・駐車場の上部活用・
サービスオフィス・設備更新への補助金活用・物件の軒先などの
隙間スペースの活用など、各分野の最新事情がダイジェスト版の
ような感じで詰まっています。
 

がっちり長時間はつらいけど、ちょこちょこ聞いてヒントを得たい
人には、飽きない感じの構成になっていると思います。

私も個人的に聞きたい分野があり、楽しみにしております。
無料ですので、ご興味あるオーナー様は、是非お越し下さい!!
 

ちなみに、1週間前から募集を開始しましたが
定員100人にもうすぐ届く勢いです\(◎o◎)/!
ビルのオーナーの参加率としては異例の高さです
まだ10席ほど確保していますので、どなたかご興味のある
ビルオーナーが居ましたらぜひ教えてあげてください。
 

お申し込みは、事務局にてFAXで受付です!
会場は、アットオフィス池袋別館、10月新規オープンした綺麗な会議室です!

ご案内チラシの印刷はこちらから
http://www.ao-pm.jp/seminar_test.html


5月14日 北村森氏の特別講演を開催します

  • 2014.04.21 Monday

日経おとなのOFFという雑誌をご存知ですか?
おとながOFFを楽しむには「知識」と「知恵」が必要だということで取材は徹
底して調べるという定評がある、今年で創刊13年目というロングセラーの人
気雑誌です。

その雑誌の創刊メンバーであり、徹底的に消費者に寄ったスタンスで今や日本
を代表する商品ジャーナリストが北村森氏です。元日経トレンディーの編集長
と言ったほうがご存知かもしれませんが、そんな北村森氏に会う機会がありま
す。

『料理屋って、「おいしかった」で終わるのではなく、誰かを連れていくわけ
ですよ。この店はどういう人と一緒に行くのがぴったりか、どう過ごすのがい
いのか、といったことまでを、丁寧に解説するグルメ情報誌はなかった。だか
ら僕たちは、すし屋なら、この親方は話しかけられた方が喜ぶのか、それとも
寡黙な人で話しかけられると嫌がるのかまで全部書いたんです。取材して、料
理屋には2種類あることが分かりました。特に親方と向きあう格好のカウンタ
ー割烹(かっぽう)、すし屋、天ぷら屋には、親方にげたを預ければ何とか自
分をかっこよく見せてくれる店と、生半可な知識で粋がったりすると、どん底
に突き落とされる店の2種類あるんですよ。そういうことを丁寧に伝えること
が重要。うんちくを語るのではなく、読者の使い走りになって書くことが大事
なんです。』(北村森の“ヒット商品道” より)

おとなのOFFが今でも売れ続けている原点はこのスタンスなんだと思います。
アベノミクスが2年目を迎え、なんとなく世の中が変わってきました。
私が最近思うことは、あまりにも長かったデフレ期間に慣れすぎてしまったせ
いかこの変化の先をイメージしにくくなっています。(汗。。)

これは経営者としてはとても重要な問題です。
このあたりで一度感覚のリセットをしないと、これからの世の流れに乗れない
のではないかという不安もあります。

そんな焦りも手伝って・・・
北村森氏をお招きして話を聞こうという企画を共同で立ち上げました。

しかし、私が彼に人間として会ってみたくなったのはこの本でした。
「途中下車 —パニック障害になって。息子との旅と、再生の記録」(著者:
北村森)
http://mori-marketing.com/

30歳で有名雑誌編集長という輝かしい実績と、40歳で突然パニック障害に
なって退社。小さな息子と家族とともに再生をする実話です。
日本のいい時代を走り、坂を転げ落ちるような壮絶な経験を積んだ北村森氏し
か知らない世界、トレンドを聴きたいと思います。

この講演に無料参加できる方は、インスクエア会員かアットビジネスセンター
の利用会員ですが、抽選でメルマガ読者も10名様を特別招待したいと思います。
お申し込み時にクーポンコードに「無料希望」とお書きください。当選の連絡
をもって抽選結果発表とさせていただきます。

【北村森氏 講演会の案内】
5月14日(水)14:00〜15:30
北村 森氏(商品ジャーナリスト、サイバー大学客員教授、元『日経TREN
DY』編集長)による
「いまどきのヒット商品・サービスのトレンドと法則」清話会とコラボ企画
詳細 ↓↓↓
http://in-sq.com/other/seiwaka……140514.pdf

北村森氏の“ヒット商品道”はこちら
http://www.nippon.com/ja/tag/%……%E6%A3%AE/
商品紹介動画
https://www.youtube.com/watch?……5b3zM#t=19


カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>