<< 心理的安全性(psychological safety) | main | 日本初上陸 ロイド博士初体験! >>

不動産オーナーが始める合法民泊ビジネス by不動産活用ネットワーク

  • 2017.03.22 Wednesday

プロは本当の話をしたがらない。

 

でもプロが本気で民泊の話をしよう!!

 

さて、

3月10日の日経新聞の記事 閣議決定です。

「政府は10日の閣議で、住宅の空き部屋に旅行者を有料で泊める

民泊を全国で解禁する住宅宿泊事業法案(民泊新法案)を決めた。

家主に都道府県への届け出、仲介業者に観光庁への登録を義務づ

けて、だれでも民泊事業を営めるようにする。年間営業日数の

上限は180泊とし、地方自治体が条例で短くできる規定も盛り込んだ。」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H02_Q7A310C1000000/

 

ここにユニーク業界団体があります。

「不動産活用ネットワーク」

 

上場企業も中小企業も参加する不動産の有効活用

を熱心に実践する個性的な企業の集まりです。

かれこれ4年活動していて、昨年は駐車場の有効活用をす

メンバーの一社、株式会社フィルカンパニーが上場しました。

 

 

日本の不動産は世界に稀に見るストックです。

 

高度経済成長期に合わせ、最初の東京オリンピック

を皮切りに今まで巨大な不動産(ビルもマンションも住宅も・・)

の山を築いてきた。

 

 

でも空き家問題とか言われるように

それは活かしきれない。

もしかしたら老朽化した。

そんな活用されない不動産の山になりつつあるともいえます。

 

 

年に2回、毎回そのときに話題となるテーマで

イベントを主催していますが、今回のテーマは実に面白い。

「不動産オーナーが始める合法民泊ビジネス」

 

 

個人の民泊ビネスではなく、不動産オーナーが

本気で取り組むべきビジネスかどうかを明らかにする

というものです。

 

 

実は民泊はエアビーアンドビーに代表されるように

シェアリングエコノミービジネスとしてここ数年

個人の副業的な位置づけで注目を集めていました。

 

そんなHOT市場に国は水を差すのか、はたまた

油を注いで一気にマーケットを作るのか?

 

 

つい先日

民泊の撤退を請け負うサービスを開始した会社も出たそうですが

もう業界はぐちゃぐちゃに見えますね。

一方で、

乱に利あり、ここを大チャンスと狙う資本家もいます。

 

 

そんな微妙な課題に、プロが答えるという企画です。

 

【不動産オーナーはぜひ勉強しましょう】

 

 5月13日(土曜日)14時開始

「不動産オーナーが始める合法民泊ビジネス」

 

申し込みはFAXか、こちらのフォームからお願いします。

http://go.at-office.co.jp/l/73352/2017-03-07/7c9scg

 

パンフレットのダウンロードはこちらから

http://www.fudosan-katsuyou.net/files/20170513.pdf

 

 

 

 

 


コメント
コメントする









カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>